☀あすもびより☀
2019年03月28日(木)
【退院して。】
退院後。
2日間はまだまだ身体のだるさや身体の違和感が入院生活の時と同じ状態が残っていた。
退院する前の採血では、白血球もまだ少なめとの事で風邪をひかないようにしてくださいと言われていた。
退院2週間後にとりあえず外来受診し採血をする事になった。
子宮頸がんの状態は治療が効いていると言われ不明瞭になっていると言われていてはっきり完治と言われておらず、5/7にCTの検査が予定され外来受診しないといけない。CTの結果によるんだと思う。

3/27退院2週間後の外来受診に行ってきた。とりあえず採血だけ。
白血球とか数値は少しは上がっていた。がん細胞の事を聞いてみた。
放射線治療がまだ効いてる状態だから検査するのにはまだ早い。5/7のCTまで待つ必要があると言われた。
……。
入院中に抗がん剤治療を受けに来ていた人から聞いていたんだよね。
その人も放射線治療を受けたみたいで、治療後の1ヶ月2ヶ月が長かったと。その後3ヶ月、5ヶ月、1年…と。
頭の隅っこにいつも不安があって、そしたら転移しててって…。そんな話も聞いていたんだよね。(^_^;)))
……。
んー。5/7まで長いなー。ドキドキする。この事だよね。皆が通るみちだよね。不安だ。
再発、転移。それが一番の不安なんだよね。
あんまり考えてもいけないんだけど。
退院して5/7の検査までは、栄養をとり、免疫力をつけないといけないと思っている。だから、野菜中心で食生活を心がけてるんだよね。腸の事を考えて今はスープや鍋にする事が多いんだけど。生野菜より温野菜にしてる。
父親が潰瘍性大腸炎だけんその食事療法を参考にしてるんだよね。お菓子が食べたくなったら和菓子にしてあんこもつぶあんよりこしあんの方にしたりしてる。
排便の状況をみながら腸が前みたいに戻るまでは腸に優しい食事をしようと思ってるんだな。
また、排便の状況やお腹の状態で整腸剤も調整しているんよ。少しずつ減らしていってる。

子宮頸がんになって入院してから自分の身体と本当に向き合う事ができている。自分自身の管理をするということの難しさを知ったよ。

まだ仕事に復帰できるレベルではなく休職中だけど。今後の働き方も考えている。本当にこの1年無理しすぎてたし、職場を離れる決断した時が遅すぎた。すでに身体がボロボロになってがんになってたんだもんね。体重が減ったから決断したけど、体重が減るって事はとんでもない事だった。
たまたま健診を受けたから発見できた事も幸いだった。
まさか自分ががんになってるとは思ってなかったし、子宮頚がんだとはビックリした。子宮頚がんは健診でないとわからない。自覚症状があまりない、何かおかしいかな?変かな?って気づいた時には遅い事もあるよね。
健診受ける前の生理の時に何か変だったんだ。1回だけドロッとしたものがあったんだよね。だから健診では、子宮の方も受ける事にしたんだ。正職だったって事もあってね。

ストレスが一番身体に悪いってのが実感できたよ。頑張りすぎがよくなかった。

厄介な病気になっちまったけど、ここまで自分の身体を見つめ直す事ができたのはありがたい事なんだと思う。
入院中、本当に自分の身体を観察する事ができ、分析する事ができた。
食べる事から排泄に至るまでの事。
入院生活で身体機能レベルがどんなふうに低下していくのかも踏まえ知る事ができた。
そして、がん患者特有の悩み、不安事も知り共感できた。
改めて、睡眠、休む事の大切さを知ったよ。
今まで大きな病気もした事なかったけん、がんになり患者になってみて知る事ができた。
まだまだ不安事はあるけれど。
今回の入院では、色んな事を学ぶ事ができました。

もぅ、入院とかはしたくない。
こりごりだ。

ではでは。
また明日。
(*´-`)(*´-`)

23:08
コメント(0)
[☆コメント かきかき☆]




w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]
無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++